琉球古武術城之手 琉煌會

古伝空手及び琉球古武術(城之手)とは

琉煌會では、型やそれに伴う分解組手があるものを『沖縄(古伝)空手』

 

 

 型や分解組手が無く、身体や心で相手に合わせておもむく動く古武術(城之手)があります。

 

 沖縄古伝空手とは、沖縄に古くから伝わる武術で、沖縄に元々あった武術(手・ティ)が中国拳法と融合し、今に至ったもので、琉煌會は那覇手に属します。

 

 手(城之手)とは、空手が発祥する以前から、琉球王朝時代に伝えられてきた武術で、素手や無手を基本とし武器術があり、空手の様な型や分解組手はなく、その人個人が持つ心身感覚を呼び覚まし、磨きあげて、流れる様に、踊っているかのように動きの中で、相手の攻撃などを捌き、攻撃し、投げ、極めていく武術です。

 

 

 

 那覇手の代表的な空手と言えば、剛柔流、上地流などがありますが、琉煌會の空手はそれとは一線を画するものがあります。

 

 

 

 剛柔流や上地流などは筋肉を鍛えて型を練りますが、琉煌會は型によって姿勢や呼吸を修得し、単なる筋肉の動きや力では無い、内面の力を鍛えていきます。

 

 

 

 また、琉煌會の手(城之手)は独特のもので、型や構え、立ち方など決まったカタチが殆どありません。これは、主に複数や多人数相手に武器を振るうからです。

 

 

 

 その奥義は足にあり、足運びや体捌きなどは歩みによって行われ、常に相手の「先」をついて攻撃をしていきます。

 

 

 言うなれば、古伝空手(無手術)の完成形の武術だと考えてもらえれば良いかと思います。

 

 

 この古武術の稽古は、武器を扱う為の鍛練を行い、慣れてくれば、後は約束事無しの実戦を想定した稽古に終始します。

 

 

 特に古武術の動きなどは、琉球舞踊にその秘伝が隠されているとされ、琉球舞踊との関連性が随所に見られます。

 

 

 また、琉煌會では、ただ真似事が出来ればいいのではなく、最終的に『その人個人の武術(手)』が出来あがるのを特徴とします。

 

 

 城之手という名称も、私の動きや感覚で行っているから、そう呼んでいるのであって、もし、あなたが、自分の持っている動きや感覚を見つけ、磨いていけば、それが、あなたしか出来ない、本物の武術(手)が出来あがります。

 

 

 それは、あなただけの『宝物』の様なものです。

 

沖縄空手とは

沖縄空手の特徴を一言で述べるならば、「争わない」「戦わずして勝つ」ということです。

 

 

 これを簡単に述べれば、「相手とぶつからない」、「敵対しない」ことです。

 

 

 相手とぶつかり敵対すれば、力のある者が勝つのが当然のことであり、力の無い者に勝ち目はありません。

 

 

 それでは、力の無い者が勝つにはどうすれば良いのか?

 

 

 ぶつからなければ良いのです。力で対抗しなければ良いのです。

 

 

 また、力で向かうと、どこかに無理が生じてくるものです。力は、どこかに無理があり、相手に抵抗を与えてしまい、ぶつかり衝突が生まれてしまうものです。

 

 

 これは生きていく中でも往々にしてあることではないでしょうか。

 

 

 力ではなく、衝突するのでもありません。

 

 

 別の『力』を以て相手に調和し、融合していくのです。

 

 

 そうすることで、力を用いることなく勝ることができるのです。

 

 

 また、調和、融合とは、相対的なものではなく、絶対的な境地を示すものです。自分が如何に在るべきかであり、自分の在り様によって世界が変わることをも示しています。

 

 

 自然体で、相手と調和、融合することで対立は生じず、争わなくて済むのです。

 

 

 この絶対的な世界・力を得るには、沖縄空手に伝わる"形"を修得することが一番の近道だと思います。

 


トップページ プロフィール 琉煌會とは セミナー開催日程 稽古風景 メルマガ登録 お問い合わせ